タダラフィル(シアリス)の作用機序とは

シアリスは勃起不全(ED)の治療薬としてアメリカの製薬会社において2003年から製造・販売されている薬です。
日本においては2007年に厚生労働省の承認を受け、同年から販売が開始されました。
したがって現在では承認薬として医師の処方を受けることで購入できます。
また、海外の販売業者から個人輸入代行によって入手することも可能です。
インターネット上にはシアリス通販専門サイトといったものも存在します。

シアリスの主要成分はタダラフィルという物質です。
タダラフィルは他のED治療薬であるシルデナフィルやバルデナフィルなどと同様、PDE-5阻害薬と呼ばれる酒類の薬です。

タダラフィルの作用機序は、体内酵素の一種である5型ホスホジエステラーゼ(PDE-5)の活性を抑えることで勃起を促すというものです。
PDE-5は活性化すると血管を収縮させ、陰茎海綿体に流れ込む血液の量を減少させる働きを持つようになるのですが、タダラフィルはこの働きを阻害することで血管を拡張させ、血液の流入を促します。
これにより海綿体が血液で満たされ、勃起へと導かれます。
性的な刺激はあるのになかなか勃起しない、あるいは勃起してもすぐに萎えてしまう(いわゆる「中折れ」)といった症状に効果を発揮します。

他のED治療薬と比べた場合のタダラフィルの特徴としては、まず、効果のあらわれる時間が早いという点が挙げられます。
臨床試験によれば服用後30分程度で効き始めるという結果が出ています。

また、効果の持続時間が長いという点も特徴の1つです。
最大で約36時間は効果があるとされています。
といっても、決して36時間勃起しっ放しという意味ではありません。
性欲亢進効果はありませんので、別に何らかの性的刺激を受けることで初めて効果を発揮します